軽貨物ドライバーに必要な「貨物保険」とは?万が一の事故への備えが必要です!

皆さんこんにちは。

千葉県千葉市を拠点に、茨城県ひたちなか市、東京都江戸川区でネットスーパーの配送、企業専属便を手掛けているアイアンドアイです。


私たち軽貨物ドライバーは、安全を最優先に考えて運転していますが、それでも事故を起こしてしまう可能性は常にあります。そんな「もしも」の時に備えて、必ず加入しておかなければならないのが保険です。


適切な保険に加入しているかどうかは、配送業者を選ぶ時のポイントにもなります。そこで今回は、軽貨物ドライバーが加入すべき保険について解説します。




■軽貨物ドライバーが加入すべき保険



軽貨物ドライバーが加入すべき保険は、大きく分けて3種類あります。1つ目は「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」。これは強制保険とも呼ばれ、交通事故の被害者の補償(人身事故に限る)を目的としており、公道を走る時は加入する義務があります。


2つ目は「任意保険」で、文字通り任意で加入する自動車保険です。自賠責の限度額を超える賠償請求や、自動車・モノを破損させてしまった場合など、自賠責では賄いきれない損害のカバーを目的としています。全体の加入率は7割程度ですが、自動車の運転を仕事にしている軽貨物ドライバーにとっては、事実上必須といえるでしょう。


そして3つ目の「貨物保険」は、一般のドライバーの方は加入しない、配送業者特有の保険です。次の項目で詳しく解説します。




■貨物保険とは?



貨物保険とは、配送業者がお預かりした荷物が事故などで破損した際、荷主様に対する損害賠償をカバーしてくれる保険です。軽貨物は小型で軽量のものが中心ですが、精密機械など高価な荷物も少なくありません。また、安価な荷物も大量に破損すれば損害賠償額が大きくなります。そのような場合に備え、貨物保険に加入しておくのです。


細かい保証内容は保険会社やプランによって異なりますが、基本的にはすべての荷物が補償対象となります。もし貨物保険に加入していなければ、すべて自費で損害賠償をしなければならず、最悪の場合は賠償不能になるかもしれません。したがって、配送業者は必ず加入しておくべきですし、配送を依頼する方も加入している業者を選ぶことが大切です。




■オプションで追加できる補償


貨物保険には、オプションでいろいろな補償を追加し、より多くのトラブルをカバーすることも可能です。おすすめのオプション補償をご紹介します。


・第三者賠償責任担保特約

無関係の他人(第三者)への損害賠償をカバーしてもらえる特約です。配送業務中は、積み下ろし中の荷物を通行人にぶつけて怪我をさせたり、作業現場の設備を破損させてしまったりすることがあります。そのような場合は、当然ながら損害賠償の義務が生じますが、この特約を追加しておけば補償を受けられます。


・残存物取片付け費用特約

積荷の破損・散乱などによって片付けが必要になった際、その費用を補償してもらえる特約です。交通事故を起こして積荷を破損させ、道路上に大量の破片が散乱したような場合に役立ちます。



アイアンドアイでは「もしも」の事故に備え、各種保険に適切に加入しております。もちろん、業務中は安全を何よりも優先し、交通事故などのトラブルの発生自体を防いでいます。ドライバーの健康管理や無理のない運行計画の策定など、サポート体制も万全です。お荷物の配送のご依頼がある時は、どうぞ安心してアイアンドアイにご相談ください。